【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

完成後のムクスタライフ

No.103

小学校入学準備その2

今日、区の療育施設に併設されている病院を受診してきました。
事前にたっぷりとアンケートに答えていたので、現時点での心配ごとや日常生活、幼稚園での活動などを中心に話をしました。
幼稚園では、座って先生の話を聞いていられない、途中で飽きてしまうといった指摘をいただきましたが、今まで好きなように暮らしていたのだから徐々にできればいいと気にしていませんでした。
園での活動で、途中で疲れて抱っこになってしまうのも、体力的にまだまだ追いつかないのだから仕方がないと・・・しかし、今日、話してみて、もっと問題が深いことが分りました。
普通、4歳児というのは、集団に入りたい、皆と同じことがしたいという社会性が出てくるのだそうです。
そうして集団での居心地の良さを感じたりすることで、本当は座っていたくないけれど座っている、遊びたいけれど先生の話を聞く、といったことができるようになります。
娘は、集中して長時間パズルができたり、上手に話ができたりと、遅れのない部分もあるのですが、社会性の点を考えると、全体として成長具合がデコボコで、問題があると判断されるようです。
「ようです」というのは、娘はまだ入園して数カ月。
今でも週4日、1日4時間だけの園生活で、まだまだ先は分らないから、現時点で判断するのは難しいそうです。
私の過保護も分りました。
入園するまではどこへでも抱っこで移動していましたし、食が細く食べ続けられないので、食べさせることも当たり前と考えていました。
しかし、娘の社会性を養うには、まず自立すること。
私が意識を換えなくては、娘のためにならないのですね。ちょっと寂しいですが。
これからは、定期的に受診しながら、年長さんになるころに発達検査を受け、訓練なども含めて小学校入学を目指していきます。