【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

完成後のムクスタライフ

No.93

ざぶとん

我が家と実家では、毎年綿を育てています。毎年、両手のひらにいっぱいくらいの綿が採れ、その中から翌年用の種を取り出して、また蒔く。 そうして、この家に越してきてから3年分の綿がたまりました。 何に使おうかな・・・と考えていると、子どもたち用のイスにざぶとんがないことを思い出しました。 籐イス用の丸型と、木のイス用の四角の2枚を作ることにして、洗濯機で洗えるように、底部分にポリエステル綿を敷き、上にほどよく綿を重ね、更に古いフリース生地でふたをするように重ねて糸でとめ、布で覆いました。

この布は、私がまだ娘くらいのころ、叔母が縫ってくれたカーテンの残り布。母がとっておいたもので、30年ものくらいかな。きちんとしまってあったようで、とてもきれいでした。レトロな柄が懐かしく、心も温まるようです。 葉っぱのラグとおそろいの生地でカバーを着けたら、できあがり。 カバー用の布は娘がお昼寝中のベッドを動かして、クローゼットを開けないと出てこないので、ひとまず、これまで。