【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

完成後のムクスタライフ

No.79

洋芝

洋芝が枯れてしまいました。
我が家の庭は高麗芝、ケンタッキーブルーグラスという洋芝、そして今夏に枯れてしまった複数種を混合した洋芝の3エリアにそれぞれ、分かれています。
葉の色・太さ・柔らかさも、伸びる速さも違い、横長の庭に微妙な変化をもたらしてくれます。
洋芝は施肥の回数も水もたっぷり必要で、手間がかかるものでした。でも、それだけにふわふわ感も格別。子どもたちが素足で遊ぶのに最適でした。
枯れてしまったのは、昨秋に蒔いた複数種の部分。西日が強い場所だったためか、土が合わなかったのか。病気か。
近所の園芸家の方に聞いたら、病気説が有力でしたが、子どもたちが触る場所に薬を蒔くのは、ちょっと気が引けます。
本で調べると、芝生の本場イギリスでも、複数種の芝を蒔くことで、その土地に合うものが淘汰され繁茂していくそう。
今回枯れてしまった芝は、我が家の土地には適さなかったものと諦めて、違う品種を蒔き直すことにしました。
DIYショップに行って探すと、3種類のタネが売っていました。
複数種のものはなかったので、バミューダグラスという、いかにも夏に強そうな品種に決めました。もう少し涼しくなったら、蒔いてみるつもりです。