【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

完成後のムクスタライフ

No.78

産地はうまい

6月末、私の両親と夫、子どもたちと一緒に、山形にサクランボを食べに行きました。
はじめはリンゴとサクランボを栽培している母の知り合いの家に、両親と息子の3人で行く予定だったのですが、サクランボ食べ放題という言葉につられて、私たち夫婦と娘も便乗してしまったのです。
金曜日の朝に起ち、昼過ぎに「佐藤錦」の産地、山形県寒河江市に到着。
さっそく伺うと、娘さんご夫婦が畑で待っていてくれました。
今年は熟するのが早く、最後の2本が残っているのみ。
でも1か所に十数個も実が付いていて、どれも真っ赤に色づいています。観光用ではないので、私たちだけで独占して、おなかいっぱいいただきました。。

あんまりおいしいので、娘さんに「こんなにおいしいサクランボが食べられていいですね」と言うと、自分たちは食べないとのこと。
サクランボの実は決して触らず、実を採るときは枝が折れないよう細心の注意を払っています。いい気になって食べ荒らした自分が恥ずかしくなりました。
とはいえ、こんなにおいしいサクランボはめったにお目にかかれません。お土産もしっかり買って宿に向かいました。
寒河江は観光シーズン真っ只中。
なんとか見つけた結婚式場付属のホテルでしたが、温泉の露天風呂にはバラが浮かび、料理もおいしく、お酒はまろやかで口当たり良く、久しぶりにのんびりのびのびできました。
地元の人を訪ねる旅に感激した私たち。次は、学生時代の友人たちと、山梨にいる友人夫婦のところに、ブドウを食べに行こうと計画しています。