【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

完成後のムクスタライフ

No.74

溶連菌 <下>

溶連菌に感染すると、10日間抗生剤を飲んだ後、1週間以内に尿検査を行って、きちんと治っているか確認します。
息子は異常なし。娘は・・・問題ありでした。膀胱炎か尿道炎になっている様子。またまた抗生剤5日分を受け取って、静かに暮らします。

5日間の抗生剤服用後、1週間以内に行った検査では異常なし。ようやくホッとした・・・のもつかの間、2日後には鼻水が出始め、今度は風邪。38.5度の熱ですが、この間40度を経験したばかりなので、娘も私も慌てません。

病気続きでがっくり痩せてしまいましたが、なんとか元気になり、今度は本当にホッとしました。

ところが、数日後、息子が再び溶連菌に感染!今度は発熱せず体中に発疹が出たので、アトピーがひどくなったのかと思い、小児科を受診したら、「あれ、溶連菌じゃない」とお医者さん。

法事で親戚の子どもたちと遊んだ翌日に分かったため、異常があったらすぐに小児科にかかるよう親戚中に連絡しなくてはなりませんでした。

息子は再び10日分の、娘も3日分の抗生剤をもらって、またまた静かな生活。いつになったら外に出られるのか・・・。

鬱々とした日々が過ぎ、娘の2回目の誕生日当日、息子の検査結果は異常なし。娘も今回は感染しなかったようです。

あと4日で4月。我が家にも春が来ます。