【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

完成後のムクスタライフ

花壇のレイアウト

秋ナスも終わり、ミョウガが枯れると、今年の花壇は一段落。
夏に伸びた枝を切り落としたり、来春に向けて球根を掘り起こしたり。伸び放題の雑草も、一気に片づけます。
今年の夏は予想以上にミニトマトが成長してしまい、横に植えた料理用トマトやミディアムトマトに陽があたらず、成長途中で腐ってしまうことがありました。
残念。
とってもおいしいトマトだったのに。
花壇のレイアウトって、意外と難しいものです。
まず、我が家の花壇は奥行きが深すぎる。隣家との境は大きく成長する木を植えたので、今のところ手入れはいりませんがちょっと油断するとすぐにヘビイチゴが地面を覆ってしまいます。
中間部分には少し背の低い植物、バラや宇津木があり、手前にトマトが育つとまったく見えなくなってしまいます。
そこで、花壇の真ん中、バラと宇津木の手前に、いくつか渡し木を置いてみました。木の内側は小さい植物だけ。野菜を植えるときはツルが手前に伸びるようにして、木の上には植木鉢を置いて高さに変化をつけ、雑草刈りなどのときはどかせばいい。
どうでしょう。来年が楽しみです。