【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

完成後のムクスタライフ

No.64

挿し木

去年の今頃、千鳥格子状に植え付けた高麗芝と洋芝。
特にケンタッキーブルーグラスという芝は成長が早く、高麗芝を飲み込む勢いです。
枝切りばさみでは、いくら刈っても、刈り終わるころには始めの方がのびていて、きりがありません。洋芝は冬も緑がきれいなのですが、品種を選ばないと夏がたいへんです。
でも、雨の日は、庭仕事はお休み。こう雨続きだとやることもないので、挿し木をしてみることにしました。近所の友だちからワイルドベリーや山吹を一枝もらってきて、余分な葉を落とし、枝を短くして、二重になっている植木鉢に挿します。そして、毎日水をたっぷりと与えます。
母が持ってきたアルストロメリアは花のまま挿しても、ちゃんと付いたみたい。ブライダルベールは枝がのびるたび折って横に挿していくだけで大きな株になってきました。近所を歩いていて分けてもらったマーガレットのような花も大丈夫そうです。
何でも試してみるとおもしろいもので、近所の方との話も弾むようになってきました。近所といっても、世代が違うと挨拶くらいしか交わさないことが多かったのですが、植物のおかげで緩やかに親しくなれる気がします。