【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

完成後のムクスタライフ

No.60

「ゆっくりさん」な、あたたかさ

この家に初めて来るお客様、といってもたいていは息子のお友だちとそのお母さんなのですが、みんなちょっとびっくりするのが、この石油ストーブです。

おばあちゃんの家にある、なんていう子もいるくらい。我が家でも、もともとは災害用に買ったのですが、とても便利で、いつの間にか冬の常備品になってしまいました。ストーブはゆっくりさん、エアコンはかけあしさんと、息子が言います。朝、一気に部屋中を温めるときは、エアコンを使い、昼間、娘と二人でひなたぼっこをしながら遊んでいるときは、エアコンとストーブを使います。ストーブにかけたやかんから、シュッシュッと出る湯気の音を聞いていると、なんともいえない幸せな気持ちになります。いつのまにか、娘のおかゆもいいぐあいにできあがっています。はいはいを始めた娘も気持ちよさそう。昔、私の実家では、アラジンの石油ストーブを使っていました。私には手入れができないので、今は四角いストーブですが、炎を見ていると、実家の六畳のお茶の間で、祖父や祖母もいた家族七人で賑やかに食事した、あの頃を思い出します。