【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

どんどん出来上がる我が家!

No.43

大工さんの一言

息子は週末のたびに「新しいおうちに行こう」と言います。
今週も、あいにくの雨でしたが、息子と夫と3人で現場へ。
大工さんが階段を作っているところでした。形のそろった踏み板が並んでいます。
無垢の木は、人が触れる前も、馴染んでからも綺麗なものですが、今日見た木は、まだ白々としたものでした。階段が完成したら、私でも2階に上がれます。トイレや床やクロゼットはどうなったか、とても気になります。もう少しで見に行けるんですね。
作業を見ていたら、大工さんが「この時季、家の中でもけっこう寒いんですが、この家はあったかいですね」と一言。セルロースファイバーと二重ガラスの窓の断熱効果か、肌寒い今日も、家の中はそれほど冷えていません。
私たちの家は玄関とリビングが直結しているつくりだから、寒さは気になっていました。大工さんの言葉は、毎日ここで働いているだけに実感があって、とてもうれしくなりました。
今のアパートは、そろそろ朝晩の底冷えが厳しくなってきているので、早く温かい家に移りたい。完成が待ち遠しいです。