【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

新鮮な空気が常に循環する無垢ブリーズシステムを搭載した無垢の家

f_img24
施主様 :
さいたま市緑区 H様
家族構成:
ご主人様 奥様 お子様

最新の全館空調無垢ブリーズシステム搭載のナチュラルでシンプルなお住まいがH様邸です。

ナチュラル感溢れるやさしく白い外観。玄関を空けたら、外気と異なる別空間。そよ風が流れ夏でも快適に暮らせる夢のような室内は、無垢ブリーズシステムが夏の暑さや冬の寒さを軽減してくれます。一年中快適に暮らせる夏涼しく冬暖かい住まいです。

マイホームを考えたきっかけを教えていただけますか?

愛知県から埼玉に転勤が決まり、落ち着いて暮らしたいと思ったのがきっかけです。
埼玉に引っ越す際に、子供に転校させたくないと思い、次に引っ越す所は、ゆくゆく家を建ててずっと暮らしていくのに適した所として考えていました。




住宅会社をどのように探しましたか?

奥様:元々、無垢材で建てたいという想いがありました。
ご主人様:自分は無垢材にはこだわりは持てていなくて、それよりも冬暖かいとか夏涼しいとか、家中が温度差がなく快適なのがいいなと思っていました。
奥様:最初から大手のハウスメーカーはあまり考えていなくて、無垢材の家は高そうだなと、無理だろうなという気持ちがあったのですが無垢スタイルのホームページを見て出来そうかなと思いました。

無垢スタイルを知ったきっかけを教えて下さい

インターネットで「無垢」で検索して、無垢スタイルを知りました。
転勤が決まり、埼玉県の賃貸を探す際に、無垢スタイルのスタジオに行ったのが最初です。

無垢スタイルを選んだ決め手はなんですか?他に候補の会社はありましたか?

無垢ブリーズシステムの話を聞いて、この会社なら無垢材で快適な家を建てられそうだと感じました。
2回目にお話を聞いた時に、他の会社に行って、時間をかけて迷って、決めきれなくなる位なら早く決めたいと思いました。

住まいのデザインや間取りのイメージは最初から決まっていましたか?

A. 家族の声が聞こえる吹抜けのあるリビングや、老後を考えて1階のリビングとバリアフリー、和室の続き間、壁付けのキッチンなどの希望を伝えました。
キッチンはカウンターキッチンが主流だと思うのですが、前の家がカウンターキッチンで導線が不便で、ダイニングテーブルに直接、手の届く壁付けに満足しています。

無垢ブリーズシステムの住み心地はいかがですか?

夏休み前に入居したのですが、ご近所の方達は「暑い、暑い」って言っているのにウチは涼しいなと思いました。
27〜28℃に設定して、エアコンを切った後も涼しいです。
冬は、朝寒いってことがないです。布団から出てそのままの格好で過ごせています。
20℃に設定して夕方つけて、寝る時に切って、太陽が出ている間は暖かいのでつけていません。
一日中快適で文句ないです。
1階、2階の温度差もないです。風量をローに設定していて、ハイにすることが無いのですが会話やテレビの音があると風の音も聞こえないので気にならないです。
掃除も楽です。床にホコリが溜まることはないですし、フィルターは1ヶ月に1回掃除する程度です。外気の入るダクトは年末に掃除した際にほとんど汚れていませんでした。それと消費電力が少なくて驚いています。

完成後の住み心地はどうですか?新築前と大きく変わったことはありますか?

他の新築に住んだことが無いので賃貸や実家との比較になりますが、快適です。
今までは廊下は寒いものっていうのが当たり前で扉を開けたら閉めるのが常識だと思っていたのですが、今の家では玄関とリビングを仕切る扉も閉めていません。
玄関土間も無垢ブリーズシステムによって他の部屋と同じ温度なので、玄関も寒いということがないです。
子供達が実家に遊びに行っても、扉を閉める習慣がないので開けっ放しにして困るくらいです。
しいて不便を挙げると、家中が同じ温度なのでお風呂上がりに子供達が暑がることです。
体感温度が人によって違うので補助的な冷暖房の機器があると良いのかもしれないです。

お友達やご親戚、新しいお家にいらっしゃった方の感想をお聞かせください

みんな無垢ブリーズシステムの空調室にびっくりします。
家の中で過ごしていて、外に出ると、今日ってこんなに寒かったの?ってなることがあります

無垢スタイルのスタッフの印象

他のお客さんもいて忙しい中でウチのこともちゃんとしてくれてるなと感じました。
インテリアコーディネーターの照明や壁紙の提案が良かったです。
自分たちで考えたものに対してアドバイスを頂いて、住んでみてお願いして良かったと感じました。
営業のスタッフも疑問に思ったことにすぐに答えてくれて安心しました。

自分たちに決めたことが、イメージ通りに完成するのか不安があったので、
模型を作ってくれるというのを事前に聞いていて、
打ち合わせの時に「模型って作ってくれるんですか?」と質問したら、
その日、ちょうど模型を見せてくれる日で、サプライズするつもりだったのを先に言ってしまって、申し訳なかったことを覚えています。

お忙しい中、貴重なお時間を頂き、大変感謝しております。
H様、ご協力ありがとうございました。

s