【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

自然素材の木が香る、子供ごろごろ健康住宅

f_img19
施主様 :
西区K様
家族構成:
ご主人様 奥様 お子様

「子供がごろごろごろごろ、床に横になっている。そんな姿を見たときに幸せを感じるんです。」とおっしゃるご主人。
以前は集成材のフローリングの床にお住まいだったため、冬はつま先立ちだったそうです。お子様が裸足で元気に走り回ったり、転げ回ったり、ごろごろ床に横になったり。そんな日常はありそうで、なかなかない、うらやましい家族の風景です。

S様が新築しようと思い立ったきっかけは何ですか?

S様:友人の家に遊びに行ったのがきっかけです。友人が新築して、木の家が素敵だったので、自分たちも建てたいなぁと思って。それが家づくりの始まりです。賃貸も来年更新という時期だったのもあってもう更新したくないなと思ったんです。 友人が建てたのが無垢スタイル建築設計で、それで紹介してもらったんです。
資金計画や土地探しのセミナーをやっているじゃないですか?それに出たかったんですよ。
とにかく何でも良いから家づくりを勉強したかったんです。

出会いのきっかけは見学会

無垢スタイルとのきっかけは見学会。
最初は「いってみようかな」という軽い気持ちで、とご主人。
実際に無垢の家をご覧になると、自然素材の木の香りに「いいな」と感じていただきました。
その後、弊社の「土地探しセミナー」に参加していただき、無垢スタイルとのおつきあいがスタートしました。

光たっぷりな、明るい家

「明るい家にしてほしい」の要望通り、2階のLDKは光たっぷり。
トップライトから取り入れた光は、ロフトや2階部分の床をスリットに工夫する事で、玄関まで届く光の通り道を作り出してくれています。
また、階段のデザインも、より光が通り抜けるように工夫。実はご夫婦、このようなデザインになることを想像されていなかったとのこと。
けれどこれはお二人にとってうれしいサプライズだったようです。

暮らし方を考えたデザイン

リビングには掘りごたつ。
「せっかくの無垢材。いつも木のぬくもりを感じられるように、床に座る”低い生活”をしたかった」とご主人。
掘りごたつを中心に家族団らんのひとときや、床にみんなでごろ寝したり、ゆったりと自然体な暮らし方がイメージできそうです。
ご入居されて2年ほど経った赤松の床は、日が当たることにより飴色に変化し、ツヤが出て、素敵に経年美化していました。

こだわりの我が家

これから家を建てる方へ、「せっかく何十年も住む家なんで、自分の価値観を大事に、こだわりをもって、自分たちの生活スタイルにあった家を」とアドバイスをいただきました。
そんなK様のお住まいは、自分たちの生活スタイルにあわせ、自然体で幸せあふれる、光に包まれるお宅でした。

s