【無垢な素材でつくる自然素材の家】こだわりの住宅・住まいをご提案いたします。

感謝して神事

無垢スタイルは地鎮祭・上棟祭・引渡しセレモニーを行います

無垢スタイルでは家を建てる際、地鎮祭や上棟式、お引渡しのセレモニーを行います。日本では古くから行われてきた風習ですが、名称だけは知っていても実際にはどのようなことを行うのかご存知でない方も今では少なくありません。
本ページでは、地鎮祭・上棟式についてご紹介します。
神様に感謝するなんて、あまりピンとこないという方もいらっしゃるかと思いますが、無垢スタイルは工事の無事進行、そこに住まわれる方の安全や繁栄を心から祈っているため、神事を大切に祀っております。
一生に一度となるような家づくり。みなさんに神事を心から楽しんでいただけますように。

地鎮祭

地鎮祭とは、建築工事を始める前に行い、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらう許しを得る安全祈願の儀式です。工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

一般には、土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場となし、斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行います。祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の供え物を供えます。

上棟祭

上棟祭は、柱や梁などの骨組みが完成した際に、無事棟が上がったことに喜び、感謝するものです。
棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)とも呼ばれています。
工事に関わったスタッフが一堂に会し、今後の安全を祈願し、お互いの協力のもとに家を作り上げていこうとする意思表示の会です。

無垢スタイルでは、古くから伝わる儀式と共にオリジナルな取り組みを取り入れ、思い出に残る上棟祭を運営しております。無垢スタイルの上棟祭では、今では珍しい「餅まき」を行います。ご家族やご友人、さらにはご近所の子供たちも集まってお餅やお菓子を撒きます。「餅まき」にはその建物のお披露目の意味を込め、また家内安全や事業繁栄を願う行事です。

引渡しセレモニー

いよいよ新しい家で過ごす新しい生活がスタートします。 その記念すべき日を感動的なものにしていただくために、無垢スタイルはお引き渡しのセレモニーを開催しています。レッドカーペットやテープカットなど、きっと思い出に残る印象的なセレモニーになるはずです。